FC2ブログ
コンテントヘッダー

たっくんの入院

こんにちは~、tomパパです (*^_^*)

ちょっとネタが少なくなりつつある tomパパブログ。
(っといっても お伝えする事はたくさんあるのですがね・・・)
ここでちょっと ずっと記事にしなかったお話しを
したいと思います。

去年の10月の事、
実を言いますと たっくん 入院をしたのです。
個人的な内容(情報)でしたので
お伝えする事を躊躇しておりましたが
事の内容が良くなりつつありますので
お伝えする事にしました。

↓入院した時のたっくんです。
 実を言いますと、たっくん(この時は)幼稚園の年少さん
 でありながら うまく喋る事が出来ませんでした。
0a_20181111072940e2e.jpg

↓その原因がこちら。
 舌ベロの真ん中辺りが凹んでいて
 ハート型になっているのがお分かりでしょうか?

 これはですね、舌小帯短縮症というモノでして
 舌の裏側についているヒダが 生まれつき短い為に
 舌ベロを引っ張ってしまい 
 こういう形になってしまっているのです。

 その為、上手く発音が出来なくなってしまっているのです。


それに付け加えて たっくんは
言葉が出るのが遅かったのです。
(もしかしたら それが原因だったのかも知れません)

ですから、4歳近くなっても
「パパ」「ママ」が言えなかったのですね。
どちらかというと、身振り手振りのジェスチャーで
済んでしまっていました。

最初に気が付いたのは
歯科検診で 歯医者さんに言った時に
「この子は 舌が短いねぇ~。」
っと言われたのです。

フトッ思って 舌ベロを見ると
写真の様に先端が割れて 
ハート型になっているのに気が付き
”アッ!”
っと思ったのです。

その時に、
『もしや それが原因で喋りが遅くなっている?』
っと。

先生は
「まだ幼いので もう少し自我が出て来てから 
 大きな病院で切ってもらうといいよ」
との事で、その場は終わりました。

しかし、もう幼稚園に上がる直前・・・
年少さんでは それ程喋れなくとも 
先生が察してくれたり 他の子とのコミュニケーションも
さほど、影響がないとは思います。

しかし、年中さんともなると
子供達でコミュニケーションをとって
遊ぶ事も多くなってきます。
その時に 喋れないというのは
この子にとって マイナスになるのではないかっと思い
年少さんの夏になった時に 手術を急がせたのですね。
(私が急かせまして、紹介状を書いてもらいました)

それが、今回の この手術・入院となったのです。
(去年の10月のお話しですから、お間違えのない様に)


↓入院したのは 豊橋総合病院。
 この辺りでは 大きな病院です。
2a_20181111072942959.jpg

↓今の病院は凄いですね (@_@;)
 ちょっとした 高級なホテル並みの施設となっております。
 ここはロビー。
 吹き抜けになっていまして とても綺麗です。
 綺麗すぎて 写真を撮りたくなってしまいます (^_^;)
3a_20181111072943b54.jpg

↓病院内には 売店がありますが
 コンビニが入っておりますよ。
4a_20181111072945d58.jpg

↓レストランもあります。
5a_20181111073011e1f.jpg

↓cafeもありますよ。
 それもとてもお洒落なcafeです。
 
 確かに 看病疲れで 一休みしたい時などには
 持って来いの場所です。
6a_201811110730126a4.jpg

↓たっくんは 舌ベロの下のヒダを切るだけですので
 動けない訳ではない為 至って元気 (*^_^*)
 貸切状態の 子供部屋で元気に遊んでいます。

 (年少さんのたっくん、小さいなぁ~っと感じます)
7a_201811110730141cc.jpg

↓明日は手術ですが、そんな事お構いなし!
 とても楽しそうに たくさん遊んでいます。
8a_2018111107301675c.jpg

↓病棟は 子供のみがいる専用の病棟でして、
 お部屋は 1部屋に4人の相部屋の病室でした。

 そこに3日間いた訳ですが
 やはり病院だけあって ずっと泣いている子や
 苦しそうにしている子を 目の当たりにし
 (一応)五体満足である ウチの子の事を思うと
 幸せだなぁ~っと実感致しました。
9a_2018111107301778c.jpg

↓さて、手術は10月12日の朝9:00から行われました。
 (もう一度言いますが、去年のお話しですのでお間違えなく)

 手術時間は 10分程度。
 舌ベロの下のヒダを チョキン っと切るだけですから。
 しかし、それでも全身麻酔で行うのです。
 子供の場合、意識があると暴れてしまい 
 別の危険がある為だそうです。

 私は、全身麻酔の方が怖い感じがしますが・・・
 百戦錬磨のお医者様ですから 間違いはないでしょう。
 
 ベットに寝かされたまま 手術室まで運ばれていきます。
 どことなく 不安そうな たっくん。
 そりゃそうでしょうね。
 大した手術ではないですが
 別れる時には たっくんの気持ちを思うと
 可愛そうに思えてしまい 辛く感じました。

 まぁそれでも、これくらいの事で
 親が動揺してしまっていてはいけません。
 準備から手術まで15~20分くらいかかるだろうと思い
 この時間を利用して 朝食をとる事にしました。
  
 待合室に入り 1個目のおにぎりを食べた辺りで
 「tomパパさん、手術が終わりましたので
 病室へお戻りください」
 っと放送が入りました。
 『ええっ、もう?5分くらいしか 経ってないよ~』
10a_20181111073029dab.jpg

↓お部屋に行くと手術から戻って来た
 たっくんがいました。

 先生から、「手術は無事終わりました」と伝えられ
 移動ベットから 病室のベットへ移してあげて下さい
 っと言われました。

 先程まで 元気に動いていた たっくん。
 全身麻酔のせいで ”クタッ”っと 
 全身の力が抜けてしまっています。

 私が、移動ベットから病室のベットへ
 抱いて移してあげました。
 温かい たっくんのぬくもりを感じ 嬉しく思えました。
 「よく頑張ったね」っと。
11a_20181111073031157.jpg

↓だんだんと意識がはっきりして来まして
 大好きな ”あさひちゃんかんなちゃん”のyoutubeを
 みております。

 しかし、まだ起き上がれません。
12a_201811110730323e7.jpg

↓2時間くらいした所で、やっと起き上がれました。
 ご褒美の プリンを食べている所です (*^_^*)
 (もちろん、お医者さんの許可を得ていますよ)
13a_20181111073034af4.jpg

↓午後には もう動けるようになりまして、
 点滴を受けながら
 子供部屋で 元気に遊んでいます。

 今日も 誰も子供部屋で遊んでいなく
 貸切状態の子供部屋です。

 たくさんの子が入院しているはずなのですが
 他の子達が遊びに来ないという事は
 みんな 動けない程の 病気なんだと思います。
14a_2018111107303534d.jpg

↓夜のご飯も たくさん食べる事が出来ました。
 偉いね たっくん (*^_^*)
15a_20181111073045980.jpg

↓次の日の朝。
 切開した所の消毒をする為、
 イソジンを使って ブグブグうがいをさせます。

 しかし、手術した所が痛いのか
 泣いてブグブグうがいを嫌がります。
 (泣いていやがるのは たっくんにしては珍しい事です)
 
 「痛くてもやらないと もっと痛くなっちゃうよ」
 っと、言い聞かせますが もうダメでした。

 後で気が付いたのですが
 舌ベロの淵が 火傷した様な感じで
 真白くなっていたのです。
 とても痛々しい・・・
 これでは 痛いはずです・・・

 先生に聞いてみると
 「今まで動かなかった舌が動く様になり
 擦れて しまって白くなってしまったのではないかな」
 っとの事でした。

 そうだったのか・・・!
 ゴメンね、気が付いてあげなくて。

 (写真に写っている 茶色いモノはイソジンです)
16a_20181111073046309.jpg

↓ブグブグうがいをした後、
 ちょっと 甘えんぼちゃんになった たっくん。
 まぁまだまだ 年少さんですからね・・・ (^_^;)
17a_201811110730486d0.jpg

↓さて、朝10時には退院です。
 もう一度 子供部屋に行って 最後に遊びました。
 もう元気なたっくん、前のたっくんに戻りました。
18a_20181111073049d5e.jpg

↓そして、今の舌ベロの状態です。
 どうでしょうか?綺麗な舌ベロになっていますでしょ。
 (写真は 今年行った 伊豆旅行時の写真です)
 (赤いのは いちごのかき氷のせいです (^_^;) )

 ちょうど1年と1ヶ月!
 段々と喋りも上手くなって来ましたが、
 まだまだ 聞き取れないくらいの発音をする時があり
 会話にならなく いっちょ前に話しを通そうとするモノだから
 こちらも怒れて来てしまいます。
 
 特に 子音が母音に変わる事が多いです。
 (例えば、”ようちえん”→”おおいえん”みたいな感じです)
 よく聞いていないと 聞き取れないのです。

 今回、公開に踏み切ったのは
 同じ様な 思いをされている方
 不安に思っている親御さんもいるのではないかと思い
 ブログにアップした次第なんです。

 同じ様な境遇をお持ちの方で 
 読んで頂いた中で 
 少しでも不安を取り除けたらと思います。

 まだまだな所がある たっくんですが、
 頑張って 喋っております。 
 この子達に 不安が残らぬ様 親がしてあげれる事は
 しっかり果たしていきたいと思います。
 
 お喋りが上手くなって お友達が増えていくといいね。
 (すでにお友達もいますし 歌も大好きな たっくんです)
 (*^_^*)
19a_20181111073051f5d.jpg


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

たっくん、頑張ったんですね!
良かった良かった。(*^_^*)

子供がどこか具合が悪いと、変わってあげたいと思うのが親心。
tomパパさんの気持ちを思うと、辛かったんだろうなぁ…と感じます。

でも、手術も成功して良かったですね。
時間と共に、きっとお話も上手に出来るようになると思います。
頑張れ!たっくん!!(*´∀`*)
 

 

1年前、ちょこっと切るだけとはいえ、やっぱり全身麻酔だし、親としては本当に心配でしたよね。。。これからも無事に良い方向へ、もっともっと、たっくんのおしゃべりが上手になっていきますように☆

ばーびーさんへ

ばーびーさん、コメントありがとうございます。

>子供がどこか具合が悪いと
>変わってあげたいと思うのが親心。
まさしくそうですね~ (*^_^*)
5分、10分の大した事ない手術だと分かっていても
『こんな幼い子に 痛い思いを・・・』
っと思うと 辛いなぁ~っと思いましたね (*^_^*)

お喋りの方はですね、
手術から1年と1ヶ月が経っていますが、
長い間、舌ベロが その状態だったので
ナカナカ綺麗な滑舌にはなりません。

しかし、こういう言葉の出が遅かった子は
『喋り出すと 凄く喋るよ』と 聞く様に
たっくんも 凄く喋りますし 
歌も大好きで よく鼻歌を歌っています (^_^;)

幼稚園ではお友達がいる様で
私   :「今日は誰と遊んだの?」
たっくん:「○○うんお あおんだお」(「○○君と遊んだよ」)
っと言ってくれます。

幼稚園で どの様にお友達と接しているのかは分かりませんが
なんとかコミュニケーションをとって 遊んでいるようです。
ここからは 自分(たっくん)次第、
自分で頑張って 言葉を伝えていくしかありません。

しかし、大丈夫だと思っています。
少しくらい伝わらなくとも 言葉って前後のニュアンスで
伝える事も出来ますから。
それに、もっと困難な子達もいますし 
たっくんはまだ軽い方です。

幼稚園にいるウチは まだ良いですが
次のハードルは 小学校へ上がる時かなっと思っています。
まだ時間はありますので 
少しずつ上手くなっていけば良いと思っております。

コメント、ありがとうございました (*^_^*)



ゆめさんへ

ゆめさん、コメントありがとうございます。

>全身麻酔、心配ですよね
そうなんです。
こんな小さな手術の為に全身麻酔というのは
『手術よりも 麻酔の方の負担が大きいのでは?』
っと思ってしまいます。

また、局部麻酔よりも 全身麻酔の方が
リスクがあるという事を聞いた事がありましたので
心配でしたね~。

まぁ私たち素人が思うより
先生方の方が 毎日行っている事ですから。
そこは間違いないと分かっていながらも・・・
子供の事を思うと心配でした (*^_^*)


手術から1年1ヶ月が経っていますが、
まだまだ、綺麗な滑舌にはなりません。
長い間 舌ベロが奥にありましたから
形付いちゃっているんでしょうね。

ですから、今でも 1週か2週に一度
発声練習する教室へ通っています。
もうちょっとかかるかな っと言った所です。

今日もですね、私が会社から帰ってくると
たっくん:「けつ はあるよ」
私   :「んん?どういう事?」
たっくん;「けつ あお!」

何を言っているか お分かりでしょうか? (^_^;)

昨日、たっくん お熱があって1日寝ていたのですね。
しかし、今日は熱も下がり
頑張って幼稚園に行って来れたのです。

”けつ はあるよ”→”ねつ はかるよ”
”けつ あお!”  →”ねつ だよ!”

『熱下がって幼稚園へ行けたよ。もう熱ないよ』
可愛いじゃないですか。
会社から帰って来た私に 熱が下がった所を 
見てもらいたかったのです (*^_^*)

まだまだ もう少し時間がかかりそうな所と
私たちも反省していかなければいけない所は多々あります。

一番大事なのは たっくんの気持ち。
お喋りが楽しいのは 伝わって来ますし
伝わらなくても それに負けていません。
たっくんなら 頑張っていけると思っております。

コメント、ありがとうございました (*^_^*)


大変でしたね

手術大変でしたね。
たっくんもご家族もよく頑張りました。
舌もちゃんと先っぽがありますね。
子どものことは親も痛みがありますよね。
そのうちちゃんとおしゃべりするようになると
うるさいくらいでしょうね~

わんわんママさんへ

わんわんママさん、コメントありがとうございます。

大した手術ではありませんでしたが、
それでも 色々気をつかったりで大変でした (*^_^*)
(5分の手術の為に 2泊3日の入院でした)

お兄ちゃん(かず君)もいますので、
私も2日間 会社を休み、
昼間は病院、夜はかず君と一緒に過ごしました。

夜中、ママさんとたっくんのいない家で
テレビをみるかず君でしたが、
とても寂しそうでしたよ (*^_^*)
(その時の 写真も撮ってあったのですがね・・・)

それでもまだ ウチのたっくんはまだまだ良い方。
病院には もっと大変な子供達や
それを見守っているご家族がたくさんいて
大変だなぁ~っと思いました。
色々な意味で いい勉強をさせてもらった感じです。

たっくんはですね、とても陽気な子なモノですから、
もうすでに うるさいくらいの子なんです (^_^;)
時折、私も『うるさい!』っと怒るほどです。

たっくんも まだまだ 訓練が必要ですが、
今のたっくんを見ていると 大丈夫だと思えます。

お喋りが止まらない うるさい家で過ごす毎日
幸せですね (*^_^*)


コメント、ありがとうございました (*^_^*)

時々、わんわんママさんのブログも
拝見させて頂いております。
また、コメント入れさせて下さいね。 (*^_^*)
嬉しかったです。




たっくん頑張ったのですね

こんばんは!
1年前そんなことが起こっていたとは。
たっくん、小さな体で手術がんばったのですね!

お喋りが好きで、ちゃんとお友だちやご家族ともコミュニケーションを取っているたっくん、本当にエライですね!
恥ずかしがってお喋りしないのでは心配になってしまいますが、それならきっと大丈夫ですね(^^)d
焦らずに、少しずつ、がんばれたっくん!

モリーさんへ

モリーさん、コメントありがとうございます。

>1年前そんなことが起こっていたとは・・・
そうなんです (*^_^*)
結構、大きな事があったんです。
黙っていまして すいませんです m(_ _)m

小さな手術ではありましたが、どうしても
『もしかしたら・・・』
っと思ってしまい 不安は少なからずありましたね・・・

しかし、たっくん 頑張ってくれました。
手術室に入る前も 不安そうな顔はしていましたけど
「頑張って来なよ!」っというと ”ウンッ!”っと
うなずいて 泣きもしませんでした。
逆に こちらが勇気づけられた感じです。

親が思っているより 
しっかりしているのかも知れません (^_^;)


最近は、(たっくん)メチャ喋ります (*^_^*)
うるさいくらいに喋りますので
私も ママさんも 『うるさい!』っと怒る程です。

もちろん、発音はまだまだですので
伝わらない事も多々あります。
ですが、まずは喋る事が大事。
たくさん喋る事が 訓練にもつながりますから。
少しずつ 上手になっていけば良いと思っています。

こうやって、
たっくん(かず君)の成長を見ていける事が
嬉しく 幸せですね (*^_^*)


ありがとうございました。



プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR