FC2ブログ
コンテントヘッダー

伊豆旅行 ハプニング

こんにちは~、tomパパです。

伊豆旅行へ行って来ました。
17日(金)に出発し 2泊3日で行って来まして、
3時間前くらいに家に帰って来ました。
疲れましたぁ~・・・

行く予定を立てていた場所は
1日目:実家→伊豆パノラマパーク→韮山反射炉→修善寺
2日目:修善寺→七滝の滝→松崎→堂ヶ島
3日目:堂ヶ島→クルーズ船→土肥金山→フェリー→実家
です。

夏の伊豆は混雑する!
っというのは 定番ですので
朝早く出たかった事もあり 前日に実家へ泊まり込みます。
(おじいちゃん、おばあちゃんも一緒に行く事もある為)

しかし・・・当日の朝・・・
AM5:30に1本の電話がかかって来ます・・・

早起きの私ですが、まだ寝ておりました。
『んんっ?どこからだ?』
っと思い携帯電話を見ると おじいちゃんから
『起こす為に 電話かけたのかな?』
っと思い電話に出ると・・・

『今イオンにいるんだけど、胸が痛くなって動けないでいる』
っと言うのです。

『ええっ?マジで・・・』っと思いましたが、
「すぐ行くわ!」っと電話を切り 
おばあちゃんを起こして 一緒に行きます。
(実家からイオンのスーパーまで 5~10分くらいです。)

イオンに入ると、警報がなっている事に気が付きました。
トイレに行くと 真っ赤な顔して
ウンウンうなっているおじいちゃんがいます。
「お腹が痛くて動けない」
っと言うのです。

朝方であった事と 動かすのも難しそうだったので
警備員に言って 救急車を呼んでもらう事にします。

その旨を 警備員に伝えると
「あっ!警報が鳴っていましたね。今、気が付きました」

私、
『おいおい・・・(汗)、呼び出しブザー意味ないじゃんかよ!』
朝方なので 店員もバイトっぽい人が1人・・・
警備員も 情けなさそうな人が1人しかいません。
ちょっと怒れましたが 救急車を呼んでもらいます。

しかし、数分後・・・
来たのは救急車じゃなくて パトカー。
犯罪者がいるかの如く、パトカーを横付けします。
状況を聞かれますが、
警察官が来た所で対処のしようがありません。
どうも、警備員が間違えて電話したようなんです。

警察官が来た 数分後・・・
やっと救急車が到着です。

おじいちゃんも とてもツラそうでしたが
意識はちゃんとしており 
救急隊の質問にも 受け答えがしっかり出来ています。

私も救急車へ乗り込み 救急車で総合病院へ。


病院へ入って1時間程検査。
CTなども撮りましたが異常無し。
痛みも ひきはじめたとの事で もう帰って良いとの事。
特に先生からは これと言った事は言われず
お腹が張っているせいとの事でした。

拍子抜けした感じでしたが 
先生がそういうなら 良いだろうと思い
会計を待っていると
おじいちゃんが 「また痛くなって来た」
っというのです。

その為、もう一度 見てもらえないか言いにいくと
「交代時間でもありますから、無理です。
 まずは かかりつけの病院に行ってください。
 本総合病院で見てもらうとなると 紹介状が必要です」
っと言うのです。 
 
 だって、今救急で入ってここで見てもらったばかりなのに
 かかりつけの医院に行って もう一度みてもらえって・・・
 それも総合病院でみてもらいたければ 
 紹介状をもって来いとは・・・

 マニュアル通りの素晴らしい回答・・・
 今、この場所(病院)で痛いと言っているのに
 今さっき この場所で見てもらったばかりなのに
 受付を済ませてしまったら 他人なんでしょうかね?
 患者をどう思っているんでしょうか?

 仕方なく、クルマで5分程度の所の
 かかりつけ医院に行きます。 

 しかし、またここで 総合病院で行った検査を
 また一からするんです。
 この時点で AM10:00を回っています。

 結果は またしても 問題無し。
 医者の診断では先程と同じく
 お腹が張っている事が原因との事・・・ 

 AM11:00にやっと実家へ帰って来ます。
 おじいちゃんも 当初に比べれば良くなって来ましたが
 まだ影響があるのか 少し痛いとの事・・・
 
 しかし、おじいちゃんも 
 旅行が台無しになってしまう事の方が心配で
 「みんなで行って来なさい!」
 っと 我々の尻を叩きます。
 (その心配で 気をもんで痛みが出ている可能性もあった)

 とても迷いましたが、
 伊豆旅行(同じ静岡県内)ですので、
 もし何かあったら すぐに帰るっという事を前提にして
 PM0:00にやっと実家を出ました。 
 
 これが 良かったのか 悪かったのか・・・
 心配しながらの 旅行出発っとなりました。
 

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

モリーさんブログのコメント拝見して
心配しておりました
まずは無事にご帰宅お疲れ様!

おじいちゃんの様態が気になりますが
またの報告、お待ちしております

No title

こんばんは。
伊豆旅行どうなったのか、お父様の具合はどうなったのか
心配しておりました。
伊豆旅行行けたようですね!
ゆっくり休んでくださいね。

aonekoパパさんへ

aonekoパパさん、コメントありがとうございます。

ご心配おかけしました。

モリーさんのブログコメントは 
旅行中にスマホから入れたのですが
操作がとてもめんどくさかったので あの1件だけで
旅行中は スマホからはやめてしまいました。
(まだスマホも新しくしていませんので
 電池も持ちませんしね・・・) 

あのコメント内容だけをみると
『救急で運ばれてどうなったのか?』
『旅行へは行ったのか?』
分からなかったと思います。

ですので、旅行から帰って来て
まずは救急で運ばれた事だけをご報告しようと思い
深夜0:00をまわっていましたがブログを打ちました。
(ブログをアップ終わったのは 2:00近かったかと・・・)

まぁおじいちゃんは まずは無事です (*^_^*)

しかし旅行中も色々あったみたいで・・・
またそれらは ブログ内でお伝えしていきたいと思います。

すいません。
ご心配お掛けしましたです m(_ _)m




モリーさんへ

モリーさん、コメントありがとうございます。

ご心配おかけしてしまいまして
申し訳ありませんでした。

一応、峠は越したようで、大丈夫です。
っと言っても 大病ではありませんので・・・。

まぁおじいちゃんは旅行へ行けませんでしたが、
旅行へ行く直前でおこった事でしたので
逆に良かったのかなぁ~っと思います。

もし旅行中でしたら、全てをおいて、
帰らないといけませんからね~。

また、病院から帰って来た所を
無理矢理連れ出したとしても
お酒はもちろんの事、
宿泊先で出るお料理を目の前にしても
食べられなかったと思いますし。

それを考えれば 家でゆっくりしていたのが
正解だったと思います。

また、旅行のブログはアップしてまいりますので
覗いていってくださいね (*^_^*)

(休み明け、ちょっと忙しくてブログをまとめられません)



No title

こんばんは。
イオンといい総合病院といいちょっと対応が悪いですね。
ちゃんと教育しているのか!と怒鳴りたくなりますね。
おじいさまに何事もない事を、祈ってます。
具合が悪くなったことよりも、イオンと病院にケチをつけられような格好ですが、よいご旅行になる事を願っております。

さんいーさんへ

さんいーさん、コメントありがとうございます

>イオンといい総合病院といいちょっと対応が悪いですね
>ちゃんと教育しているのか!と怒鳴りたくなりますね
そうなんですよ。
イオンについては緊急時の対応が不十分と思いました。

特にトイレについている、
緊急呼び出しボタンを押していて
店内に呼び出し音が鳴っているにも関わらず
気が付かないっというのはお粗末ですね。
(他のお客様を気遣って 呼び出し音が小さい)
(”何か鳴っているな~?”っというくらいの音なんです)

今回は結果的に大した事ではありませんでしたが 
もし呼び出しボタンを押していながら
トイレ内で亡くなってしまっていたら大問題です。

それと、救急車ではなく 警察が先に来た事についても
 警備員:『窃盗で警察をよく呼ぶので 
       救急車を呼ぶのは初めてなんです。』
っと言われたのです。
なんとも・・・
そんなの言い訳にもなりません。


病院も対応も悪い。
まぁ救急で入ったっというのもありますが、
それでも 目の前で体調が悪いと言っているのに
それを『どこか他で見てもらってください』などと、
救急場所なのに よく言うよなぁ~っと思いました。

とても怒れましたが、
冷静にならないといけないっと思い
とても抑えておりましたがね。

何が正しくて 何が正しくないのか
もう少し判断を 正常にして欲しいものです。


ご心配お掛けしまして すいませんでした m(_ _)m

金足農業高校、惜しかったですね (*^_^*)
素晴らしい 戦い でした。



プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR