FC2ブログ
コンテントヘッダー

眼科検診

おはようございます tomパパです (*^_^*)

私はですね、目の病気を患っておりまして、
現在は 1年に1度 病気の進行がないかを
見てもらっております。

ちょうど土曜日がその検診の日でありました。

どういった病気かと言いますと、
網膜裂孔(もうまくれっこう)っという病気なんです。
これは、網膜にですね 孔が空いてしまい
視野が欠ける病気なのです。

どうして、網膜裂孔が起きるかといいますと、
私、ド近眼なんです。
0.01が見えません。
お恥ずかしながら、目の検査で行われる
あの1番大きな”C”が見えません (^_^;)

そのド近眼が悪さをするそうなのです。
目の中でピントを合わせようとし、
水晶体が変形するのです。
その水晶体が変形した時に 目の玉の裏側にある
網膜を引っ張る事によって 網膜が破れてしまい
孔が空いてしまうのです。

網膜に孔が空いてしまうと
そこから網膜の裏側に水が入り込んでしまい
網膜が剥がれてしまうのです。
これが網膜剥離(もうまくはくり)ですね。
網膜剥離が起こってしまうと 
目が見えなくなってしまいます。

私の場合、
左目の右下(左目の1/4)が見えません。
ただ、右目で視野をカバーしている為、
日常生活は全く問題がありません。
若干、違和感があるくらいです。

どうして、この病気に気が付いたのかというと、
飛蚊症の発症から気が付きました。

飛蚊症とは、
視野の中に蚊が飛んでいる様に見える現象なのですが、
ある時、これがとてもひどくなり、
蚊ではなく 鳥が飛んでいるくらい大きな黒い影が
見えたのです。

そして、その少し前から視野の隅っこがキランッと光る現象、
光視症(こうししょう)という現象も出ておりました。
これは 水晶体が変形し網膜が引っ張られた時に
こういった光が出るのです。

それらの現象、
当初は なぜ起こっているのか分かりませんでした。

しかし、何か悪い事が起こっていると思い
心配になってある病院を訪れたのです。
そこは浜松市でとても権威のある眼科 
海谷眼科さん へ行ってみたのです。


行ってみて驚いたのは、
とてもたくさんの人が訪れている事でした。
予約を取っていても
診察まで 3時間待ちなんて 当たり前です。
ロビーから待合室まで 患者でいっぱいなんです。
それほど、人気のある眼科なんですね。

3時間待って、やっと診察です。
しかし、権威ある先生に見て頂いた事で、
即、網膜裂孔だと分かり、
その日のウチに レーザー治療を行いました。

網膜に空いてしまっている孔は 治せない為、
(治せるが 大がかりな手術になってしまう為)
網膜の裏に水が入り込み 網膜剥離を防ぐ為に
孔の周りをレーザーで焼き固めてしまうのです。

このレーザー治療、結構痛くてですね、
レーザーを打つ度に、ガツンガツンと目の奥に響く事と
キランッと目の奥が光る為、不安になった事から 
お恥ずかしながら 私、その場でぶっ倒れてしまいました。

その治療もあって、毎年1回 網膜裂孔が進行していないか
検診をしてもらっているのです。

あの日、「オカシイ」っと思った事と
由緒ある病院へ行って 
権威ある先生に診てもらった事によって
失明の危機を防げている事は
自分のとった行動としても 正解だったと思いますし、
携わってくれた先生、スタッフ、家族にも
本当 感謝をしております。 

一年来で訪れた 海谷眼科さん。
以前は、診察まで3時間かかっていたのも改善され、
1時間も待たずに診察してくれる様になりました。

本当、患者の事を思ってくれる病院です。

今年も 何事もなく無事に診察が終わりました。
ホッとしております。
このホッとする気持ち、
ちゃんと見てくれる先生がいるからこそ
ホッと出来るのですね。
とてもありがたいと思えます。

ただ・・・
今は豊橋市に住んでいる私 (^_^;)
眼科がある場所は 浜松市です。
1時間半かけて 行かなければいけない。
ちょっと大変です。

スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR