FC2ブログ
コンテントヘッダー

サッカー日本代表の今

少し前に日本代表のサッカーの試合がありましたね。
確か、ホンジュラスに6-0、オーストラリアに2-1で勝った試合だったと思います。

サッカーはやるのも、観るのも好きですが、
残念ながら最近仕事が忙しい事もあるので、観る事もほとんど出来ていません。

しかし、最近海外でプレーする日本人選手の活躍は凄いですよね。
私達が小さい頃には、絶対ありえないであろう、ACミランやインテル・ドルトムント
などのチームでプレイする選手が出てくる事はないと思っていましたから。
そこへ所属しているだけでも凄いと思える程です。

しかし、世界のビッククラブに所属し、そこでメイン選手で活躍していながら、
日本代表となると影が薄れてしまう・・・
なぜなのでしょうかね?

確かに、ホンジュラスに大勝、オーストラリアにも2-1勝っていますが、
では、ブラジルやドイツ・オランダなどとやると、赤子同前となってしまう。
下手すれば、香川や本田でも、存在すら分からなくなってしまっている事もあります。

私が思うには、日本人個々のサッカーレベルは世界的にみて
悪くないと感じはします。
所属するチームでは活躍出来、代表となるとレベルが落ちてしまう。
これは日本代表が目指そうとしているサッカーがポゼッションサッカーで
あるが為だと私は思うのです。

確かにポゼッションサッカーは良い事だと思いますが、
強いチームであればこそ機能するサッカーだと思うのです。
例えば、ポゼッションサッカーで有名なのはスペインのバルセロナですね。
このチームが強いのは、すべての選手が超一流だからこそ成り立つ事なのです。

だから香川や本田がチームで機能して代表で機能しないというのは、
香川・本田の個々のレベルの問題でなくて、
香川・本田以外の他の選手のレベルの問題であるのです。
チームの周りの選手が香川・本田を活かしてくれるからこそ輝けるのです。

日本代表はまだそのレベルに達していないという事なんです。
そのレベルが達していないのに、ポゼッションサッカーを目指してしまっている事は
ある意味無理があるという事なんです。
ですから、ホンジュラスやオーストラリアなどの2流国には通用するが、
一流国には通用しないのです。

私の予測では、今の状態でポゼッションサッカーをいくら磨いても、
無理がある・先が見えていると思うのです。

では、どうしたら良いか?

私が思うには、縦パス一発で崩す様なカウンターサッカーにも
力を入れるべきだと思うのです。
ポゼッションサッカーを目指していながら、ロングパスを多用するというのは
邪道に聞こえると思います。

しかし、世界のサッカーはポゼッションサッカーだけではありません。
イギリスの様に強い国だってポゼッションサッカーではありませんしね。
どちらかと言えば、パワープレー・ロングパスサッカーではないでしょうか?

では、なぜイギリスはポゼッションサッカーをしないのでしょうかね?
ポゼッションサッカーで崩せるサッカーが出来ないからではないでしょうか?
サッカーは点をとって勝つ事が優先なのですから、
ロングパスだろうが、パワープレーだろうが、点を入れれば勝ちなのです。
イギリスは今出来るサッカー、勝てるサッカーを行っているに過ぎない。
言い換えれば、今現在の日本代表のサッカーは
理想論のサッカーを行っているに過ぎないと思うのです。

日本はどうも、パスを回して回して崩して点を入れるのが正道、
崩さないロングパスは邪道という事が根底にあり、
それがまた日本人特有の真面目さが加わってしまい
助長して染みついてしまっている様に思うのです。

日本が点を入れられるケースというのは、
相手の一発のカウンターにて入れられる事が多いのですよね。
裏返せば、日本だってそういうチャンスがあるという事、
今の日本代表はポゼッションサッカーだけを目指してしてはいけないのです。

個々のレベルに酔いしれてポゼッションサッカーをやっている限り
アギーレだろうが、ザックだろうが、だれがやっても一緒。
4年後のワールド杯も、ブラジルワールドカップと変わりない結果となる事でしょう。

やるサッカーが何が一番良いか、日本にあっているサッカーが何なのかを
誰でも良いから、早く気が付くべきであると、私は思います。
改革無く、ずっと一緒の事をやっていては何も変わりません。



























スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR