FC2ブログ
コンテントヘッダー

ほたる さようなら

昨日、実家で飼っていた犬が亡くなりました。
名前は「ほたる」。

私がもらって来た犬です。
享年15年でした。
人間にしてみれば100歳くらいだそうです。
大往生でした。

当時 もらって来たきっかけは、
ホームセンターで「里親になりませんか?」っと
柵に入れられて置かれており、
まだ小さくて(生まれて数日くらいかな?)寝ていたのです。

来店したお客から「おいっ、起きろ」っと言って
頭を小突かれていたので、
とてもかわいそうに思い 私が里親になるっと
思い立って もらって来たのがきっかけです。

そこから色々とありましたが、
良く生き長らえました。
頑張りました。

ちょうど天橋立(8/9~8/10)へ旅行へ行っている時に
「もうダメかも知れない」
「旅行へ行っている間にも死んでしまうかも知れない」
「食事もとれていない」
っと親から伝えられました。
しかし旅行から帰って来た時は まだまだ大丈夫でした。

↓8/11の時の写真です。
 ご飯は食べないものの まだ首を上げる事が出来ていました。
DSC_0299a_201508221055555ff.jpg

その後、8/12に実家を後にしました。
実を言いますと旅行の時から 親と喧嘩しており
意地を張って それからほとんど連絡を取って
いなかったのです。
ですから、”ほたる”が死んでから
実家へ出向く事になるのかなっと思っておりました。

そして、実家へ行かないまま日が流れて行きます。

しかし、8/19(水)。
なぜか「一度見に行かなければいけないかな」っと
フトッ思い付き、仕事が終わったPM7:00に
60km以上離れている実家まで 走りました。
そこで久々に親とお話ししました。

実家につくと、
もう身動き出来ない”ほたる”がいました。
旅行後に見た時は首を上げれていましたが、
もう下ベロを出して 水を飲むのが精いっぱいでした。

もちろん、排泄物は垂れ流し。
ちょっと体を上げると、体の下に虫がいる状態です。
(両親が綺麗に処理をしてくれていました)

近づくと、私が来たのに気が付いた感じがしました。
(意識がモウロウとしていると思うので確信はありません)
そして、鼻息が荒くなりました。
しかし、虫がいたりするので、
怖くて なでてあげる事が出来ません。

夜中ではありましたが、私・父親・母親の3人で、
体についている虫を取ってあげました。
とって上げた後、とても気持ちよさそうでした。

そして、最後に頭をなでてあげました。
そうすると、今まで息するのも 苦しそうにしていたのが
ピタッと止んで、普通に寝静まったのです。
少し落ち着いた感じがしました。

その日はそれで帰る事にしました。

そして、昨日8/21(金)の朝方、
亡くなったと実家から連絡が入りました。
もう後数日だろうと誰もが予想していただけに、
覚悟が出来ていました。

しかしよくよく考えてみると、
8/19(水)に フトッ「実家へいかなければ」っと
思ったのが不思議に思いました。
それも残業が終わって体が疲れているにもかかわらずに
60km以上離れている実家へ
いかなければっと思ったのです。

今考えれば、”ほたる”が呼んだのではないかと思います。
「今日来て欲しいよ」 「次の土曜日まではもたないよ」
「最期に会いたいよ」
「意地をはって喧嘩している場合じゃないよ」
っと。

そして頭をなでてもらうまでは息が荒かったのが
頭をなでてあげたと同時に
荒かった息がおさまったのも
最期に頭をなでて欲しかったのではないかと
思えました。

色々な事が重なり、たまたまなのかも知れませんが、
そう思うと 涙が止まりませんでした。
最期に会えて本当良かったと 思いました。
”ほたる”は「今までありがとう」っと
言ってくれたのだと 思います。

8/21(金)、私は仕事を休む訳にはいけませんでしたので
実家に任せて処理をしてもらいました。
こん睡状態・気絶しているだけかも知れませんので
午前中は そのままにしておきましたが、
虫も発生している事から
午後そうそうに 市役所へ持っていったそうです。

”ほたる” 今までありがとう。
”ほたる”と一緒に過ごせた日々が
とても楽しかったよ。
今まで良く頑張ったね。
天国で安らかに眠って下さい。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

↓2003年12月30日の写真です。
  3歳頃の写真です。
PC300070a.jpg


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ほたる君、ご愁傷さまでした
長く飼ってもらえて幸せでしたね

当方ブログには書きませんでしたが
昨年11月に実家の愛猫も18歳で
天寿を全うしました
会社の敷地に捨てられた仔猫でした

長く一緒にいる、ということは
犬でも猫でも魚でも「家族」です
ちゃんと供養してあげれば、これからは
tomパパさんの家族を守ってくれるでしょう

あるいは、生まれ変わって…
本当の家族になるかもしれません

そう願ってます

合掌

No title

ほたるの事 思って頂きありがとうございました。
ブログでは15年と書きましたが、
実際は17~18歳だったのかも知れません。
(予防注射の履歴があり、それらの日付であると
 15歳くらいだと思うのですが、飼いだして数年は
 予防注射していませんでしたので)

しかし、どちらにしても大往生です。
老衰だと思います。
幸せだった事でしょう。(*^_^*)

aonekoパパさんの愛猫も
18歳というのも凄いですね。

いつも思う事は、
私とaonekoパパさんと
色々似ていて共感をもてる所があり
とてもビックリします。

今回の「ほたる」と「愛猫」ちゃんとの事でも
亡くなった時期的な事、実家で飼われていた事、
年齢的な事など、本当ビックリする程 似ていらっしゃる。

aonekoパパさんとは
たまたま前のブログにて見つけたのがキッカケでしたが、
(かぼちゃのブログにひかれたのを覚えています)
ブログとは別に 引かれる何かがあったのかも
知れませんですね。(*^_^*)

これからも宜しくお願い致します。

愛猫ちゃんにも、哀悼の意を込めて
合掌させて頂きたいと思います。

合掌


(ちなみに・・・「ほたる」は女の子です (^_^;) )

ほたるちゃん

性別間違いスミマセン
「3歳頃の写真」で首輪が黒かったから
男の子かと…

実家の愛猫も女の子(お婆ちゃん?)でした
具合が悪い知らせを受けて会いに行って…
翌日亡くなりました
プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR