FC2ブログ
コンテントヘッダー

講習・・・実は・・・ (その1)

こんにちは~、tomパパです (*^_^*)


↓今週、4日間講習に行っておりました。
 行ってきましたのは、名古屋!
 ここで4日間、ある講習を受けて来たんです。

 目の前は、名古屋で有名なオアシス21です。



↓講習を受けたのは こちらの会議室。
 150名以上が一緒に受けるんです。
 (部屋の左側にも 部屋が広がっています)
  
 私はですね、こういう講習会や打ち合わせ場所には
 絶対に遅れたくないので
 必ず1時間~1時間半くらい前には
 その場所へ着いている様にするんです。
 この日も着いたのは始まる1時間半くらい前。
 その為、いつもより1時間早く家を出て来ました。
 (いつもはam7:00頃、って事はam6:00出発です。) 

 その場所には1番くらいに着いたのですが
 150人も受ける為、席は指定席・・・
 一番早くに着いたのに、席は一番後ろの席でした。
 黒板(白板)何も見えません・・・
 (前の方の 黒板(白板)見えますでしょうか・・・)
2a_20200229194256d47.jpg


↓受けた講習はですね、実を言いますと・・・
 10月に受けて落ちました国家試験の
 講習だったんです。
 
 何を受けたのかは言っていませんでしたが、
 今回特別に言っちゃいますとぉ~・・・ (^_^;)
 私、 公害防止管理者という国家資格の
 ”騒音・振動”を受けていたんです。

 これはですね、必ず会社が持っていなければ
 いけない国家資格でして
 それを会社指示で取らされているんです。

 10月に受けました試験では落ちましたので
 今回、認定講習にて受けている次第なんです。 
 (講習を受けて、修了試験を受けて、取ります。)
 (講習を受ける分、比較的簡単だとの事!)
 
 この講習に出る為、
 私はここ1週間分の自分の仕事を前倒し!
 土日もかけて仕事をしていたのは 
 その為だったんですよ。
 どれだけ会社に貢献しているか・・・
 本当、上層部に分かってもらいたいモノです。
3a_20200229194306276.jpg


↓公害防止管理者の”振動・騒音”!
 どういう事をやるのか 
 ちょっと説明してまいります。

 まずは、公害に対する一般概論です。
 公害は何から始まって何があるかなどを学びます。
 そして、法律、目的、環境基準、なども学びます。

 日本の公害と言いますと
 四日市ぜんそく、水俣病、イタイイタイ病
 などが有名ですね。
 皆様、上記公害って、
 何の有害物質が要因で公害になってしまったのか
 覚えていますでしょうか? (*^_^*)
 (ブログの一番下に答えを書いておきますね)

 写真は
 大気汚染、水質汚濁の概要です。
 写真の右側にベンゼンやトリクロロエチレンが
 載っておりますが、
 築地から豊洲へ魚市場が移った時に
 この有害物質が地中に残っているという事で
 問題となりましたよね。
 それがこれなんです。 

 他には、
 騒音・振動・土壌汚染・地盤沈下・悪臭!
 これが典型7公害となります。
4a_2020022919430666e.jpg


↓他には、公害の定義、基本理念、環境基準、
 ダイオキシン、アスベスト、一般廃棄・産業廃棄など
 公害と関わる事はすべて覚えます。
 (一つ一つは難しいので ここでは表面だけです)

 これを勉強する事で
 現在の環境や、国としての取り組み、
 そして、私達が何をしなければいけないのかなどが
 分かって来ます。

 環境に対する事も分かって来ますので
 国連でグレタさんがスピーチしている内容なども
 分かって来る感じなんです。
5a_202002291943065e4.jpg


↓分厚い本も読んでいきます。
 先生が重要という所に線を引いて行きますが
 すべてを知っていなければいけないので
 本は線だらけ・・・
 何が重要かが 良く分かりません (^_^;)
7a_2020022919433630f.jpg


↓log(対数)なども出て来ます。
 写真は先生の書いた式です。
 席が一番後ろの為、見えないので
 休憩時間に黒板の写真を撮っています。

 前回の試験のブログで
 『logを使用した難しい式を解いているんですよ』
 っとお伝えしましたが
 今回この講習を受けてみて思ったのは
 logなんてまだまだ簡単な方だったんです。
 もっと難解な式が、この後ゴロゴロ出て来ます。
 
 それもあり
 logくらいは私も簡単に解けるようになりました。
 (写真の式は、今私が見ると簡単にみえます)
8a_20200229194336d16.jpg

↓ここから、騒音・振動の概論に入ります。
 騒音と言いますと、
 騒音となるモノだけ覚えれば良いと思うでしょ。
 それが違うんです (^_^;) 

 私が受けたのは、公害防止管理者の騒音!
 っという事は、騒音を発生するモノだけでなく
 騒音によって起こる、人体への影響や
 騒音の防止も考えなくてはいけないのです。
 って事は、
 音という物・性質 自体を知らないと
 対策も防止策も出来ないという訳なんですね。
 
 その為、
 耳の構造から、空気中の音の伝わり方、
 音の進む速度(音速)、温度・湿度の影響、
 高周波・低周波などのHz(ヘルツ)、音の強さ、
 音のレベル(デシベル)、正弦波、波長、などなど。 
 
 音が人体に対してどういう症状を与えるか、
 一過性難聴、永久性難聴なども学びます。

 もちろん、それらはすべて数式で表される為、
 すべての公式を知っていなければいけません。
 凄い数の公式があります。
 
 音に対して、皆さんもよく経験する事と言えば、
 鉄道などの音!
 夜になると遠くで列車が走る音が
 聞こえたりする事があると思います。
 あれはですね
 昼と夜とで 温度や湿度などが変わる為
 音が屈折して 夜になると聞こえて来るんです。
 面白い現象でしょ (*^_^*) 
 すべて音の伝搬現象なんです。 
9a_20200229194337dfc.jpg


↓こちらは振動です。
 人体に影響が出る場所、Hzなどが書かれています。

 もちろん、
 振動も騒音動揺に色々な項目を勉強します。
 特に振動については 物から物への伝搬ですので
 どういう伝わり方をするのかや、
 地震などに使用される、P波・S波・レイリー波
 なども勉強します。
 
 一見、騒音と振動は
 一緒の様に思えますが違うんです。
 その為、騒音と振動は別々の授業となっております
 (単位などは同じモノを使用しますので混乱します)
10a_202002291943373a5.jpg

↓こちらは、振動による 睡眠障害の人体実験です。
 振動が何Hzになると睡眠障害を引き起こす確立
 などが書かれています。
 (ちなみに、Hzだけでなく振動の強さも関わります)
 (Hz、振動強さ、振動レベルはすべて違うモノです)
 
 こういった事が すべて研究されているんですよ。
 国や研究機関というのは 本当凄いものだなと
 感心致します。
11a_20200229194407850.jpg


↓騒音・振動とも、
 それを測定する方法なども勉強します。

 騒音・振動の元が分かったとしても
 測定が基準をもって行われなかったら
 意味がありませんからね (^_^;)

 それもですね、色々な測定方法がありまして、
 建築現場の場合、工場の場合、道路の場合、
 新幹線などの鉄道の場合、飛行機などの場合、
 道の車線の本数、国道なのか県道なのかでも
 測り方が変わって来ます。

 土地などの、学校・病院・図書館、住宅地、
 商業地、工場地など
 地域によってもすべて基準数値が決まっています。
 学校や病院などは、昼は50dB、夜は40dBなどと
 すべて区分分けされていて、
 すべて覚えなければいけないのです。

 細かいでしょ (^_^;)
 大学で半年かけてやる講義内容を
 1日程度で覚えるんですよ。
12a_20200229194408e8d.jpg


↓工場など、騒音・振動を発生する工場においては
 市町村に届け出をしなければいけません。
 その提出期間や どういうモノを揃えなければ
 いけないかなども教わります。

 私達が取ろうとしている公害防止の資格についても
 合格後、書類を提出しなければいけません。
 その為、その行政的な手続きもすべて覚えます。
 (提出しない場合の罰則なども教えられます) 
 
 ここまでやらないといけないのですよ、
 まだ、この時点では
 難しい式は出て来ておりません。
 (その2)で、 難しい式が出て来ますので
 どんな式なのか見ていってくださいな (^_^;)

 (その2)に続きます。
50a_20200229210228181.jpg

日本の代表的な公害と 元となった有害物質
四日市ぜんそく:SO2
水俣病     :メチル水銀
イタイイタイ病 :カドミウム

スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

国家試験がんばってくださいね!でも・・・

こんにちわ~~!いつもご訪問ありがとうございます!!

150人もの人が集まる講習会・・・

今の時期によくやりましたね~~

確定申告すら一月先延ばされたこの時期に・・・

tomパパさん・・・コロナ移らないように体調には十分注意してくださいね!!

名古屋・・・結構な人数感染者出てますよ~~

千葉より倍近く多かったですよ!

ほんと気を付けて!!

No title

tomパパさん、ご無沙汰してます。

「音」、確かに厄介なものですが、風向きその他でも変わってきますし、その近所は何にもないのに、ちょっと離れた所ではやたらとうるさくなったりと、ちょっと不思議なものです。

ちなみにウチとこからほど近くの球場も近辺の団地はそうでもないんですが、ちょっと離れた駅周辺で聞こえたりとかいう例もあります。

またコメントいただければ幸いです。

美美さんへ

美美さん、コメントありがとうございます。

ご心配も頂きましてありがとうございます。
とりあえずは、大丈夫です (^_^;)

まぁ内容は国家資格ですのでね、
行政の方から止める、会社の方から止めると
いうような判断が下されない限り
私達、個人個人の判断ではどうする事も出来ません。
(行くしかありません)

ただ、確率の問題だと思うのですよ。
名古屋市の人口2百万人に対して
150人規模程度の講習会です。
(小さい会社に出勤しているのと同じです)

イベントやスポーツ観戦のように
何千人・何万人が動く訳ではありません。

実際、ここまで経済が動いている中で
全てを止めてしまうような動きは難しいと思うのです。
名古屋市だけで3万人以上の公務員さんがいる訳でして
ではこの人達の仕事を止めてしまったら大混乱です。

ですから、
”不必要な事”(イベントや観戦など抑えられるもの)は
控えるとして、
”必要な事”はやるしかないと思うのですね。
(この資格というのは 個人的なスキルアップではなく、
 社会責任・人が暮らす上で必要なものなのです)

確定申告の申告日が延長されたというのは
何千人もの不特定多数者が
市役所などへ訪れる為であると思いますよ。
もしそこで感染が広がってしまえば
民間はおろか、行政も止まってしまう事でしょうから
賢明な判断だと思いますね。
(全国で考えれば 何万人です)


もう一つ言える事は
近所のスーパーへ行くについても同じ事が
言えると思うのです。

今回私の行った講習会は
特定された参加人数150人規模の講習会です。
しかし、近所のスーパーは 毎日1000人近い、
いやそれ以上の不特定多数の方が訪れるはずです。
どちらが感染する可能性が高いでしょうか?
どうみても、後者ですね。

かと言って、
スーパーへの買い出しを止める事は出来ません。
ご飯食べなければいけませんからね。
ですから、スーパーへの買出しは
先程言いましたように”必要な事”なのです。

ですので、美美さんも気を付けてくださいね。


では、どうしたらいいか?
っと考えれば、
かからない様に予防をするしかないと思うのです。


私の予防はですね、
まずは電車に乗っても、エスカレーターへ乗っても
何も持ちません・触りません。
そして、下車する駅で 必ず手を洗います。

アルコール消毒がある所は
必ず、アルコール消毒をしています。

そして、帰って来た時は、
まず家の外で上着を脱いで 払い落しています。
もちろん家に帰ってからは、
手洗いうがいはかかせません。

ウチも小さい子がいますので
我々大人は大丈夫だとしても 子供の方が心配です。
今の所、新コロナはもちろんの事、
風邪にもインフルエンザにもかかっておりません。

予防の方が大事ではないかなっと思います (*^_^*)


ミーシャさんへ

ミーシャさん、コメントありがとうございます。

>その近所は何にもないのに、
>ちょっと離れた所ではやたらとうるさくなったりと
>ちょっと不思議なものです。
>ちなみにウチとこからほど近くの球場も
>近辺の団地はそうでもないんですが
>ちょっと離れた駅周辺で聞こえたりとかいう例もあります。

面白いですよね (*^_^*)
それはですね、共鳴というものだと思います。
(振動の場合は共振です)

ブログには載せておりませんが
共鳴もちゃんと勉強しております。
しかし、共鳴というのは 色々な条件が重なり
建物や機械を設置する前に 想定出来るかといえば
なかなか難しいものなんです。
ですので、
設置してから対策を講じるという事も多いのです。

また、遠くの音が聞こえるというのは
共鳴だけが原因ではなく、
音の屈折・反射(下手すると増幅)であったり、
昼・夜の温度・湿度など
空気の状態によっても違って来ます。

こういった事が実際ありました。
振動を有する機械をある場所へ設置したのですが、
今までそんなに振動・騒音のある機械でなかったのに
工事の削岩機のような音が出てしまった時があります。

それも、近場は大した事なかったのに
設置した建物と反対側の場所で
その様な音が出たんです。
これはまさしく共振ですね。

共振(共鳴)が怖いのは、力が増幅してしまう事です。
アメリカの タコマ橋崩壊がそれに当たります。
https://www.youtube.com/watch?v=VJ0JILWo_vw

建物など詳しいミーシャさんは
この映像を知っているのではないでしょうか? (*^_^*)


プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR