FC2ブログ
コンテントヘッダー

薬害でした

こんにちは~、tomパパです (*^_^*)

母の退院から、早3週間が過ぎようとしています。
ずっとお伝えしようと思っていたのですが、
2週連続で 子供達の運動会に重なり
ナカナカお伝えする事が出来ていませんでした。

ブログネタも貯まり放題・・・
まだ ゴールデンウィークでのネタもあるほどです。
写真が多くて処理をするのに大変で
アップ出来ていません (^_^;)

これで、仕事も忙しくなって来てしまいましたので
また遅れに遅れとなってしまいますが
お付き合いくださいませ m(_ _)m


母の方は 順調に回復していると思われます。
(2週程、実家へ行けていませんが・・・)
しかし、まだ後遺症の影響なのか 全快ではなく
1時間程 体を動かすと疲れてしまうようです。
まぁ 徐々にやっていくしかありません。

3週間前に退院した訳ですが、
その退院する1週間前に 一時帰宅となり
その旨を ブログでもお伝えしたかと思います。

その一時帰宅の時に 実を言いますと、
ある事件があったんです。

以前にですね、 
私がブログで ”退院” っと先走ってしまい
ブログに載せてしまったと思いますが、
あの時は 本当”退院”の通達が来ていたんです。

しかし、退院する直前で めまいが酷い事から
一時帰宅に変更になったのです。

母は、その原因が処方されているクスリに
あるのではないかと疑い
(クスリを飲むと 体調が悪くなるという事が続いていた)
一時帰宅をした時に クスリを半分
飲まなかったらしいのです。
すると、めまいもなくなり体調も良くなったそうなのです

一時帰宅を終え 病院に戻った母。
その日、看護婦さんが
看護婦:「一時帰宅、どうだった?」
と、和やかに話しかけてくれ
母:「薬をちょっと止めてみたら 体調が凄く良くなった」

すると、
看護婦:「そんな事を勝手にしちゃダメじゃない(怒)」
っと、今まで和やかに話されたいたのに
いきなり大激怒!
凄い剣幕で怒られたそうです。

それが気になってしまい、
病院へ再入院した日は
夜も眠れず、血圧も200超え!

その日から 看護婦の態度がガラリと変わり、
入れ替わりで来る すべての看護婦さんが 
「あんな事 しちゃダメだよ(怒)!」
っと 毎回言ってきたそうです。

母も引かない人ですので、
「これは 薬害だと思うから」
っと 訴え続けたのですが もう看護婦さんも 
怒り心頭しているのか聞いてくれない。
「めまいくらい普通にある事だから薬のせいじゃない」
っと言ってきたそうです。

その後、不安になった母は 病院内にある
相談窓口にも 相談しにいきました。

私の所にも 夜メールが入り
「すべての看護婦さんを敵に回したかも・・・」
と、メールも入りました。


で、最終結果としては・・・
先生:「これは 薬害だね」
っと 言ったそうです。


この詳しい話しを、退院し帰るクルマの中で聞き、
怒れて来てしまいました。
母の行いにも怒れましたが、
病院の対応にも怒れます。

日々の患者の症状を確認するのが
看護婦の役目であって、
患者が症状を訴えかけているのに
「症状どうあれ 出されたクスリは全部飲め!」
っと怒る(怒鳴る)のは どうかと思います。

最終的には 
先生も”薬害だった”っと認めているんですから。
もしこれが 
命に係わるクスリだったらどうするんでしょう?
苦しいっと言っているのに、
クスリの飲ませ続けるんでしょうかね。
どう考えたって 病院側の対応不良です。


母が勝手にした行動にも もの凄く怒れました。
帰りのクルマの中で 喧嘩になる所でしたが、
まぁ気持ちを抑えましたよ・・・ (^_^;)
退院したその日に喧嘩して 血圧上がってしまって
また入院じゃ いけませんからね。

まぁ病院も色々な人が入院します。
わがままな患者さんも多い事でしょう。
私も 母が入院している最中、
他の入院患者さんから 変な事を喋りかけられ
困った事もありました。

看護婦さんや お医者さんも
毎日の様にそういう対応をしなければいけませんので
大変な事は重々承知ですが、
命に係わる仕事をされている訳ですから
細心の注意をしてもらいたいものです。


毎年毎年、医療事故は起こっております。
今回、思った事は

先生が 平気な顔して 
『これは 薬害ですね』
っと言った事。
 
今回は 大した薬害では なかったかも知れませんが
これが 命に係わるクスリだったら 
どうするつもりだったのか?

とても平気な顔して喋る内容ではないはずです。
ここに 医者と患者の温度差がある様に思えました。
だから、母も怒れたと思いますよ。
「私の命なんだから」っとね。
だから、母の言い分も 凄く分かるんです。

生命という重いものを託されているにも関わらず、
軽いなぁ~っと思う所が 見え隠れした様に思えました


ちなみにですが、母の薬害!
血圧を下げる薬が 通常の2倍出ていたそうです。
それを 医者も多いかなぁ~っと分かっていたそうです。





スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

tomパパさん

こんにちは。

お母様の退院、おめでとうございます。
徐々にですが良くなってきているようで良かったです。

処方されていた薬を飲まないとそんなに怒られるのですね。
医療の事は全く分かりませんが、飲むことをやめた事によって
体調が良くなったのだから、原因は薬だと素人考えですが思って
しまいます。
怒られるから、って事で薬を飲み続け何かあったらって思うと怖いです。

沢山の患者さんが居て忙しいとは思うのですが、お医者さんに言って
カルテを見直す等すぐにしてくれてら。って思います。

しかも結果は医師からの「薬害」って解答とは、不信感がわいてしまいます。

大きな病気で命を預けているのだから、良い対応をしてくれないと
安心して薬も飲めないですね・・・。



ゴールデンウィークネタも待っていますので、落ち着いたらアップ
お願いします☆

No title

こんばんは。
お母様、退院おめでとうございます。

一時帰宅の際、そんな出来事があったのですか…
なんだか病院が信じられなくなりますね。
命を預ける病院が信じられなくなるということは、私たちは、これから先、どうすればいいのでしょうか?
全部が全部、こういった先生や看護師ではないのでしょうけど…

信用できる先生やスタッフのいる病院選びが大事なんだとこの件を聞いて思いました。

お母様が一日も早く元の状態に戻られることをお祈りしています。
 

りょうちんさんへ

りょうちんさん、コメントありがとうございます。

退院報告、遅れまして申し訳ありません。
昨日、実家へ行って 母の状態を確認して来ましたが
だいぶ良くなっておりました。
徐々に良くなって来ている様です (*^_^*)

>処方されていた薬を飲まないと
>そんなに怒られるのですね。

まぁ病院・先生の管理下で 
どのクスリが どの様にして効いているかなどの
データー取りをされていると思いますので
勝手にやめてしまうのは ダメだと思うのですね。

そこは、母が悪かったと思いますし、
やはり私も 母に対して怒れた事です。
先に先生に相談するべきだったと。

ただ、そういうクスリを試していながら
患者からの声(症状)を聞かないのは 
病院側のミスであると思うのです。
実験台じゃないのですから。

そこが怖い所です。

わがままな患者さんも多いと思いますので
クスリを飲まない等で キツイ言い方をしなければ
いけない事もあると思います。

それはそれで 仕方ない事だと思いますが
症状を確認し 先生にお伺いをたてて
クスリの処方を変えていくのが
病院側の仕事・役目だと思うのです。 
だから入院するんですから。

色々な患者さんを見ているだけあって、
たくさんデーターを持っているのは分かりますが
患者さんを見過ぎている事によって
逆に立場を間違えていないかなぁ~っと思いましたです。 



ばーびーさんへ

ばーびーさん、コメントありがとうございます。

退院報告、遅れまして申し訳ありません。
昨日、実家へ行って 母の状態を確認して来ましたが
だいぶ良くなっておりました。
徐々に良くなって来ている様です (*^_^*)


>一時帰宅の際、そんな出来事があったのですか…
>なんだか病院が信じられなくなりますね。

そうなんです。

まぁ先に 先生に相談する前に
クスリをやめてしまった母も悪かったと思います。
そこは 私も母に対して怒れた事でした。
(本当、帰りのクルマの中で喧嘩になる所でした)

看護婦さんが怒った事も分からないでもないんです。
そうやって、自己判断でクスリを飲まない患者さんも
多いんじゃないかと思うんですね。

ただ母の場合、クスリが嫌で飲まないとか
クスリが多すぎるから飲まないとか
そういう事ではなく、
”クスリを飲むと 体調が悪くなる”
から 飲まなくしてみた事なんです。

それも、少し前から 看護婦にも 先生にも
伝えて来ていたみたいなんですね。

もともと母は 血圧が高い人でして、
クスリを飲まないと180とか普通にある人なんです。
それが、一時退院する時は110まで下がっていました。

今までクスリを飲んでいても 
そこまで下がった事はなかった事もあって
母は ”このめまいは クスリが原因”っと思った訳です。

それが病院側(看護婦)は
”110くらいの人は たくさんいる!”
”クスリのせいじゃない!”
っという事で 取り合ってくれなかったそうなのです。

そこが違うんですね。
病院側と患者側の立場と!

多分、病院側は他の人のデーターを見て
”110くらいの人はたくさんいる” から
問題無いと思い込んだんだと思うんです。

しかし、それは人それぞれ。
お酒が飲める人もいれば お酒が飲めない人もいる。
それによって、麻酔が効く人もいれば 
麻酔が効かない人だっているんです。
(ちなみに私はお酒に弱いので麻酔が効きすぎる方です)

それによって、麻酔の量だって変えるんです。

それが、
”110くらいの人はたくさんいる、クスリのせいじゃない”
っというのは 大きな間違い!
それこそ、母が言いましたが
”私の体なのだから 症状は私が一番知っている”っと。

それを、
病院側へ伝えていないのであれば母のミスですが、
母は病院側へちゃんとその症状を伝えているんです。

そこが、私もブログ内でも書きましたが
病院と患者の温度差だなぁ~っと思いました。

患者の症状を聞き入れないのであれば、
ある意味、実験台!
入院している訳ですから モルモットと一緒です。
患者からすれば怖い話ですよ。

まぁ病院側も 
しっかりやっていない訳ではないのは 百も承知。
私が今回入院した病院での対応も
しっかりやっている部分はたくさんあります。

しかし、見落としちゃいけない部分はあると思うんです
そこを見落とすから 医療事故につながるんですから。
先生の ”これは薬害ですね”っという言葉も
とても軽い(あまり 重大に思っていない)。

そこが 病院と患者との考えに
ギャップがあるなぁ~っと 凄く感じた事でした。

これから 私たちも少なからず お世話になる場所です。
それが こんな状況では 
本当 怖い話しであると思いますね。


長い返信コメントですいませんです (^_^;)




倍の量って

年寄りには慎重にしなければいけない薬の量を
倍にしてたって、患者が体調不良を訴えてるのに
ちゃんと対処しない看護師も医師も変ですね。
病院に対して不信感を持ってしまいます。
他の病院にセカンドオピニオンを
してもいいかもしれませんね。

わんわんママさんへ

わんわんママさん、コメントありがとうございます。

返信コメント遅れましてすいません。


>倍にしてたって、患者が体調不良を訴えてるのに
>ちゃんと対処しない看護師も医師も変ですね。

そうなんですよ。

もともと、高血圧な母なので
高血圧のクスリは飲んでいたんですね。
それが、今回の脳梗塞があった事で
血管の破裂・つまりの危険をさらにクスリで
危険回避をしようとしたんだと思います。

ですから、
血圧は 上が110くらいになっていたそうです。
しかし、入院する前まで クスリを飲んでいても
110なんて低い数値になった事は今までなく、
さらに、病院で処方されたクスリを飲むと
体調が悪くなっていた事から、
クスリが原因ではないか?っと
思い始めていたそうなんです。

その辺りは、看護婦にも
一時退院する前から 伝えてもあったそうですが、
「110くらい 低くなるのは 他の人でもいっぱいいる」
「クスリのせいじゃない」
っと、突っぱねられたそうです。

だから、一時退院した時に
ちょっと試してみたんだそうです。

問題なのは、看護婦。
「110くらいは 他の人でも普通にある!」
っと数値しかみていない。
その為、クスリを飲まなかった事で
数値管理が出来なくなる事から 
怒ったんだと思います。

確かに数値管理するのは 良い事だと思います。
しかし、数値はデーターであって 
それを元に 各人それぞれのパラメーターに合わせて
判断するのが人間の役目だと思うのですね。

患者が苦しいと言っているのに
「他の人は このくらいの数値はザラにある」
「だから 飲みなさい」
それはおかしい事です。
何も見ていないのと一緒です。

データー取りしているだけなら
患者は モルモットと一緒です。
怖いものですね。

他の事は しっかりやってくれていたのに
肝心の所で こういう判断をされる様では
全てが ダメなんじゃないかと 
疑心暗鬼になってしまいます。

医療事故、本当、怖いものです。



プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR