FC2ブログ
コンテントヘッダー

長篠の合戦 その1

こんにちは~、tomパパです (*^_^*)

3月2日(土)、
長篠の合戦場所、愛知県新城市へ行って来ました。

長篠の戦いと言いますと
織田信長と武田勝頼の戦いです。
かず君が戦国武将にとても興味を持っているので
現地へ行ってみる事にしたのです。
(っと言っても、以前 行った事があるのですがね・・・) 

↓まずはこちらに寄りました。
 こちらは どこかと言いますとぉ~・・・


↓新東名高速道路、長篠設楽原(ながしのしたらはら)
 下りサービスエリアです。
2a_20190324182758997.jpg

↓サービスエリアの裏側は こんな感じ。
 ここが戦国時代には修羅場の戦いとなった場所だとは
 とても思えない程 のどかな田舎の風景です。
2-5a.jpg

↓サービスエリアの中はこんな感じ。
 黒色で仕上げられています。
3a_20190324182759426.jpg

↓鎧なども 飾られているんです。
 こちらは 武田軍の 赤備え(あかぞなえ)という
 武具と思われます。
 
 甲冑の下に ”前” っと書かれていますが
 なんの ”前”なのでしょうね?
 ”前” ”後ろ” の前? (^_^;)
4a_20190324182838178.jpg

↓鎧の横にあった模造の鉄砲を構えるかず君。
 さまになっています (*^_^*)
4-5a_20190324182800fe3.jpg

↓織田信長公の南蛮甲冑も飾られています。
 っと言っても ミニチュア版ですがね・・・ (^_^;)
5a_20190324182840d22.jpg

↓武将のフィギアも 飾られていますね。
 なんか、カッコイイと思いませんか?
 しかし、金額は¥50000近くしますので
 とても買えませんけどね・・・(笑) 
6a_20190324182842414.jpg

↓刀も あります。
 家に 一つ飾りたいですね。
7a_20190324182843e1d.jpg

↓鉄砲です。
 こちらも 装飾品が付いていて とても綺麗ですね。
8a_20190324182844d3a.jpg

↓まずは こちらで腹ごしらえ!
9a_20190324182907974.jpg

↓こちらは 定食ですね。
 牛焼肉定食 肉たっぷりで美味しそうですね~
 (*^_^*)
10a_20190324182902bd7.jpg

↓こちらは 麺類。
 陣屋ラーメンが お勧めです!
11a_20190324182903d1e.jpg

↓こんなのもありましたよ。
 家康御膳、鯛の天ぷら・・・・・

 これって、ダメなんじゃないのぉ~ (^_^;)
 確か、家康って 
 鯛の天ぷら食って死んだんじゃなかったけ?
12a_20190324182904807.jpg

↓鯛の天ぷら食って死んでしまってはいけませんので
 私は 陣屋ラーメン定食に!
13a_2019032418290661b.jpg

↓ママさんは 鳥南蛮定食!
 なぜここで 鳥南蛮? (^_^;)
14a_201903241829374e4.jpg

↓かず君は 足軽弁当にしました。
 おにぎりに 焼き鳥や 唐揚げも入っています。
 足軽にしては 贅沢な弁当となっております (^_^;)
15a_2019032418293828c.jpg

↓自動販売機も こんな柄のラッピングがされています。
 合戦の絵柄ですね。
16a_2019032418294003c.jpg

↓こちらは、織田の家紋と 徳川の家紋の入った
 自動販売機となっております。
 かず君、とても嬉しそうです。
17a_20190324182941dc5.jpg

↓サービスエリアの横にある山へ行ってみます。
18a_201903241829448ff.jpg

↓こちらは、長篠の戦いの 
 織田信長の本陣跡地なんです (*^_^*)
19a_2019032418300052f.jpg

↓今の地図に、
 当時の武将の配置図が記されています。
 この様にしてもらうと とても分かりやすいです。

 かず君はですね、
 ここに載っている武将は
 ほとんど知っているんですよ (*^_^*)

 私たちの方が 知らない武将もいるくらいです。
20a_201903241830019f8.jpg


↓こちらは 武田の騎馬隊を防ぐ為の
 馬防柵です。

 これは この場所にあった訳ではなく 展示品です。
 
 この後、実際戦った場所、
 実際に馬防柵が設置されていた場所へも
 行ってみます。
21a_20190324183004ba6.jpg

↓本陣のあった 茶臼山(ちゃうすやま)へ
 登って来ました。

 大きな木が根元から折れて トンネルになっています。
 これも凄いね (@_@;)
22a_20190324183005285.jpg

↓ここが 頂上の本陣跡地です。
 周りが木で囲われていますが
 当時は どの様に 下の様子が見えたのでしょうかね?

 当時、信長が指揮を取った場所へ来て
 どう思って指示を出していたかを考えると
 なんか 感慨深いモノを感じますね。
 
 戦国好きの かず君はどう思ったのでしょうか?
 (*^_^*) 
25a_20190324183017f30.jpg

↓こちらは 神社です。お稲荷さんですね。
24a_201903241830068f7.jpg

↓こちらは 説明書きです。
 こういう場所で 歌を作れる信長。
 やはり知能も カリスマも
 凄かったんだろうなぁ~っと思いますね。

 その場所へ来て 肌で感じる事が出来る!
 とてもいいなぁ~っと思いましたです (*^_^*)
26a_20190324183020860.jpg




スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おおっ!

勝頼様!
武田家家臣の末裔としては憎っくきは織田信長(笑)
いや、上杉か。

落ち武者の末裔です(笑)

祖父母の代まで、逃げ延びた山里で代々暮らしてました。

苗字は武田ではないのですが、僕は子供の頃やっていた剣道では、胴に武田信玄の家紋(通称、武田菱)を付けさせられてました(笑)

なので面白い事に、同じ苗字でも家紋が違う一族の末裔です。

戦国時代には、名だたる武将が多く、それもあって家康以外誰も天下統一ができなかっのかもしれませんね。

そんな中、最後まで勝ち残った家康はやはり物凄いなと思います。

別の場所ですが、関ヶ原には行きました。
あ、あと、川中島にも。

上杉~!
覚悟~!
(笑)

kakeruパパさんへ

kakeruパパさん、コメントありがとうございます。

ええ~っ!!
武田家の末裔なのですか?
それは凄い! (*^_^*)


>戦国時代には、名だたる武将が多く、
>それもあって家康以外誰も天下統一が
>できなかっのかもしれませんね。

ですね~ (*^_^*)

今川義元なども 織田信長の奇襲にあい
上京途中にて討たれてしまいました。
『勝てば官軍負ければ賊軍』の様に
勝った側が正義となり 負けた側が悪の様な
感じになってしまう。

しかし、今川義元は 駿河では
地元ではとても慕われた
良い大名だったそうなんです。

多分、どこの大名も
地元では 慕われていたと思うのですね。

どこの誰が悪いという訳ではなく
勝ち負けがある そういう時代だったから
そうなってしまったのですね。


時代を駆けて生きた 戦国武将。
どの武将をおってみても 面白いですね。
やはり どの武将も
カリスマがあったのだと思いますね (*^_^*)




プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR