FC2ブログ
コンテントヘッダー

今、F1が面白い! 【長いので F1好きな方だけ読んで (^_^;)】

こんにちは~、tomパパです (*^_^*)

色々な事に興味を持つ tomパパ!
モータースポーツの F1 なども大好きなんです。

っと言っても、
サーキットへ観に行ったり、
テレビで観ているかというと、観ていません (^_^;)
(テレビでやらなくなってしまいましたので・・・)

ネットにて 情報を仕入れ
それを楽しんでおります (*^_^*)


まぁ大学時代、
マクラーレン・ホンダが とても強かった時代に
F1を覚えまして ずっと観ておりましたが、
1992年にホンダがF1から去り、
セナが亡くなった辺りから
徐々に観なくなっていきました。

その後
無限ブランドとしてホンダ技術を受け継ぐ訳ですが
パッとしない年月を過ごし、
2008年で完全撤退・・・
この辺りで ほとんどF1の興味が去ってしまいました。


しかし、2015年にもう一度 
ホンダはF1の世界に戻って来たんです。
それも、(私の)大学時代に 強かった
マクラーレンとタッグを組み 復帰しました。

当時のマクラーレン・ホンダを知っている人なら
『これ程 凄いタッグは無い!』
っと 心が躍った事でしょう!
なにせ、強かった当時のマクラーレン・ホンダは
16戦中15勝 優勝しているのですから。

これもありまして、私もまたF1に興味が出てきました。

しかし、復帰した2015年。
強かった当時のマクラーレン・ホンダとは ほど遠く、
全くもってパワーユニット(エンジン)がダメ・・・

ホンダが退いているウチに
色々とレギュレーションが変わりまして、
複雑な パワーユニット(エンジン)に
なってしまっていたのです。

以前は、エンジンと言っておりましたが、
呼び名も エンジンからパワーユニットに
変更されていました。

これはですね、エンジンのみでなく
運動エネルギー回生システム(MGU-K)と
熱エネルギー回生システム(MGU-H)という
2種類のエネルギー回生システムを 含んでいる為に
パワーのユニットっという名となっているんです。

これがとても複雑らしく (私もよく分からない・・・)
この回生システムからエネルギーを取り出して 
動力に変えていく訳なのですが
この変換を効率良く出来ないと
レースでは勝てないそうなのです。

これが、しばらくF1を休止していたホンダには
上手く出来なかったのですね。
しかし、それは無理もないのです。
現在の このシステムは
新規参入するには とても厳しい程の
複雑なシステムになってしまっているのですから。

1年(2015年)・・・
2年(2016年)・・・
3年(2017年)・・・
っと、いつまで経っても 良くならない
ホンダパワーユニット・・・

そのホンダに 三行半を叩きつけたのは、
マクラーレンだったんです。
ホンダパワーユニットはダメだと!

そして、2018年。
『ルノーのパワーユニットがあれば 我々は優勝出来る』
っと言って、マクラーレンはルノーと
タッグを組んでしまうのです。

行き場を失ったホンダ・・・
この ドン底のホンダを救ってくれたのは
最弱チームと言っても 過言ではない
イタリアチームの トロロッソだったんです。
底辺からの再スタートとなりました。

ここで 面白い事が発覚。
ホンダが マクラーレンと組んでいた時、
マクラーレンは
『シャシー(車体・空力)はトップクラス!』
『悪いのは ホンダのパワーユニット』
っとずっと言い続けて来たのです。

しかし、2018年。マクラーレンは 
ルノーのパワーユニットを取り付けますが、
全く勝てません。
っというより、予選でも上位に上がる事すら出来ず
下位に低迷。

って事は
ホンダのパワーユニットも悪かった事もありますが、
パワーユニットを乗せ換えても 勝てないという事は
マクラーレンのシャシーも悪かったという事が
判明してしまったのです。
自ら、墓穴を掘った様な形となりました。

っで!
トロロッソに乗せる事になったホンダパワーユニットは
『ルノーよりも良い!』
っとの評価を トロロッソ側から頂いたのです。
(トロロッソは 以前はルノーパワーユニットだったんですね)

さらに、4年目を迎えるホンダとして
徐々に息を吹き返し 2018年シーズン終盤には
かなりのパワーアップに成功したのです。

それを見ていた レッドブルレーシングが
ルノーパワーユニットから ホンダエンジンに変更。
2019年(今年)より タッグを組む事になりました。
このレッドブルは、現在のF1のチームの中で
最強のシャシー(車体・空力)であるチームなんです。
(ここ数年の実績より)

ですから、この最強のシャシーを持つチームに
ホンダが認められた事になるんです。
『ホンダとパートナーを組めば優勝出来る』
っとね。


現在、テスト期間中ではありますが、
すでにレッドブル・ホンダとして 走り始めております。
テストへの取り組み、テストの結果より
去年に比べて 格段に進歩している事が垣間見え、
レッドブルからも ベタ褒め。

まぁまだ、
スロットル全開で走らせている訳ではありませんし
まだまだテスト段階ですので、
褒めるには 早いのですが、
新しく組んだパートナー(レッドブル)と
上手くやっていけそうな 雰囲気となっている様です。

最強のシャシーチームに、
進化して来ているホンダパワーユニット。
今年は 昨年よりも 
F1から目が離せない年となりそうです (*^_^*)

ホンダを見限ったマクラーレンに 実力を見せつけ 
『見限るんじゃなかった』
っと後悔させてやりたいですね。


スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR