FC2ブログ
コンテントヘッダー

英雄 尾畠春夫さん

こんにちは~、tomパパです。

山口県周防大島町で12日から行方不明になっていました
藤本理稀ちゃん2歳が発見されましたね!

本当、無事で良かった。
私も
『2歳児じゃあ、3日間見つからないとすると・・・』
っと、悪い方向へ考えてしまいました。

本当、見つかって良かった!
見つかったと一報が入った時、涙が出てしまいました。

ご家族・ご親戚の方々も 食事も寝る事も
ままならなかった事でしょう。


不明になっていました、理稀ちゃんを見付けたのが、
大分からボランティアで参加していた尾畠春夫さん。
素晴らしかった!

行方不明になって、3日!
すぐさま現地へ行き、すぐに見つけられた。
見付けたのは 偶然であったのかも知れませんが、
その行動を起こす事が素晴らしい。

また、尾畠さん!
東日本大震災・熊本地震・西日本豪雨災害と
ほとんどの災害場所へ行かれて
ボランティアとして活躍されているとの事。
これは凄い!

東日本大震災にて 現地で一緒に働かれた方からも
『尾畠さんなら (子供を)見つけられても不思議でない』
っという言葉も 報道で流れていました。

それを見た 私・・・
テレビ前で 頭が下がりました。
『本当 素晴らしい方だ!』っと。

ボランティアで災害場所へ行かれている事もあって、
決して綺麗な格好ではありませんでしたが、
服を脱げば スーパーマンだなぁ~っと思いました。

100万馬力の力がある訳でもない、
空を飛べる訳でもない。
しかし、こんな事 出来ますか?
力がなくたって 空を飛べなくたって
他の人には到底無い 能力を持っていますよ。

全国にはこういう人がいるんだなぁ~っと
つくづく感心しました。
(すいません、感心という言葉は適当ではないかも・・・)

こういう方に 国民栄誉賞を与えて欲しいですね。
多分、全国民一致の事でしょう。 
現代のスーパーマン、尾畠春夫さん。
素晴らしいモノをみさせて頂きました。

ありがとうございます 尾畠春夫さん。


スポンサーサイト



コンテントヘッダー

豪雨災害

こんにちは~、tomパパです。


この度の豪雨災害に遭われました皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

毎日テレビで流れております豪雨災害の映像、
及び、復旧に向けました皆様の作業映像を見ておりますと
とてもつらく思います。

このつらい思いをブログに表すのに
どう表現したらよいのか、どうまとめたらよいのか分からず、
しばらく悩みました。

しかしですね、
被災をうけていない私達が 映像をみる中で
『つらいな~』
っと思って 何も動かないのはいけないっと思い、
重い筆ではありましたが ブログを打とうと思いました。


つい先日、朝早くに起き、
会社へ行く前にニュースを見ていると、
被災地の映像が流れておりました。

被災されて約1週間、
未だに6000人以上の方が 避難生活を送り、
断水が続き、水や食料・人手も困っているという
映像が流れました。

ここでも
『つらいな~』
っと思った訳なのですが、
結局、『つらいな~』っと思うだけで何もしていない
自分に気が付きました。

しかし、会社もあり ボランティアとして
現地へ行ける訳ではありません。
また、行けたとしても ほとんどを移動に費やしてしまい
大した事が出来ずに帰って来る事が想像出来ました。

では、他に何が出来るか?

今まで、東日本大震災や熊本地震で
行えた事といえば義援金でした。

しかし、今、欲しいのは義援金なのか?
そうじゃない!
水や食料、そして、人出だと思うんです。

もちろん義援金も大事ではありますが、
義援金は 復旧や復興に対して
お金を使ってもらう為のモノ。
現在は、被災真っ只中!
義援金を 使って何かをする時期ではありません。

まずは、土砂を排除したり、不明者を探すのが最優先。
そして、普通の生活を取り戻してもらう事が
最優先だと思うんです。
そして、やはり、水です。

以前、私のブログで防災用具のブログを書きました。
そこでも、水の確保という事でお話しさせて頂きましたが
やはり、飲み水だけではなく 生活用水も飲み水同様
大切になってくるんです。

そこで私が思ったのは、
「1本でもペットボトルの水を届ける事が出来ないか?」
っと思ったのです。

現地では自衛隊の支援により
飲み水は 行き渡っていると聞きました。
しかし、生活用水まではナカナカ回らない。

そこで思ったのは、
ペットボトルの水を1本でも多く被災者に渡す事が出来れば
現地給水車で渡す飲み水を
生活用水にする事が出来ると思ったのです。

こちらでは、ペットボトルに入った水は 
普通に売られています。
まずは それを送ってあげれば良いのです。

こちらの水が足りなくなるかも知れませんが、
被災者の気持ちにになって 我慢すれば良いんです。

豊橋の人口が約37万人。
1人1本、(もちろんまとめてですが)送る事が出来れば、
37万本。
リッターにしてみれば 37万リッターです。

もちろん、1人1本というのは
現実的な数字ではないかも知れません。
しかし、私のお小遣いの中からでも
ペットボトルの水なら100本くらいは買えます。
それを考えれば、
非現実的な数字でもないと思うのです。

しかし、送る場所・受け付ける場所が分からない・・・
こういった受付場所は、政府・自治体がテレビ等で
発信するべきです。
そういった事が 行政というのは 遅いというか、弱い!


そして、人出の問題。
これもナカナカ難しいと思います。

しかし、私同様、
みなさんも現地へ行ってボランティアをしたいと
思う人がたくさんいると思うんです。

ですが、ボランティアをしたいと思っていても
出来ない一番のネックは 仕事だと思うんです。
”休めない”
っと思うんですね。

実際、私の会社もそうです。
フル稼働中で 止める事も休暇を取る事も出来ません。

これ、裏返して言ってしまえば、
同じ日本の中で 
被災して苦しんでいる人がいるにも関わらず、
かたや、金儲けの為に 手を差し伸べる事すらしない。

会社としては義援金というお金を出すだけで、
後は そちら(現地)でお金を振り分けて うまくやって。
っと言っているようなモノです。

では、どうすれば良いか?
企業として何が出来るか?

トヨタさんの様な世界的な企業がですね、
1日休むと もの凄い金額の損益が発生すると思います。
ですから、1日休めとは言いません。
また、1日休んだだけでは 
ボランティアに参加するのは難しいと思います。

しかし、生産量を落とし、
現在かかっている人工数を減らし
その余剰人員を使って ボランティアに参加してもらう
様な事をすれば 人手不足も解消してくると思うのです。

トヨタさんだけとは言いません。
日本には たくさんの大企業があります。
その大企業さん達から 少しずつ人工を貸して頂ければ
人出不足だって あっという間に解消すると思うのです。

また、今回の災害によって、
多くのクルマが流され、浸水して使えなくなっているんです。
クルマメーカーさんは、クルマが売れれば良いですか?
儲ける事、最優先ですか?
あの映像を見て、同じ日本人として、
心苦しいとお思いませんか?

企業がもっとも率先して
やっていかなければいけない事でもあると思いますし、
そういった事を 政府は優遇してあげたり
話しかけるべきだと思うんです。
個人が大企業に対して 言った所で
動いてはくれないのですから。
その為の行政じゃないんですか?


まずは やるべき事をやる。
何が出来るか 個人個人でも考える。
案外、やれる事は多くあると思います。
考える事が大事!

行動を起こさないと 口先だけでは
何も生まれません。

ワールドカップで見せた、日本のチームワーク。
こういう所で生かさないで どこで生かすんだ?
偽りでない事を もう一度 世界へ発信しましょう。



コンテントヘッダー

はくさい泥棒

こんにちは~、tomパパです。

豊橋市でですね、
許せない振る舞いをする輩が出ております。

それは、はくさい泥棒なんです。
↓その記事です。
はくさい泥棒

農家の方々が
手間暇かけて 丹精込めて 作ったお野菜をですね、
出来上がった所で 持って行ってしまう。

どれだけ、農家の人が大変な思いをして
育てている事か・・・
とても腹立たしい(怒)

私も、会社へ行く途中にトマト畑があるんです↓
トマト畑のブログ

そこで よく思うのは、
「このトマト、原価いくらで売れるのだろう?」
っと思うのです。
みなさんも思った事、ありませんか?

スーパーに並んでいるトマト。
色々、種類や大きさがありますが、
私がよく見かける普通のトマトは
1個¥100くらいで売られています。

農家さんから出荷されたお野菜は
農協、仲卸、流通、小売(スーパーなど)を通る為、
そこで中間マージンを取られます。

そうした場合、原価1個¥50円、
もしかしたら、¥20~¥30円くらいなのかも知れません。
(ごめんなさい、私、原価は分かりません)

もし、1個¥50だったとした場合、
畑から1万個出荷出来たとしたら
いくらになりますでしょうか?
 1万個×¥50=50万円
ですね。

50万円!
っと聞くと、
「おおっ!結構もらえるじゃん」
っと思うかも知れませんが、

出荷出来るまでに、
土つくり代、肥料代、耕す機械などのレンタル代、
野菜の元となる苗代、
ビニールをかけたり、棒を立てたりする材料代、
ビニールハウスであれば、灯油や暖房器具代、
出荷する時には 人手だって欲しいモノです。

1万個出荷するには 手で1万個取らないといけません。
大変な作業ですよ。

そして、農協で選別してもらう為の
機械代だって払わなければいけないのです。

すると、どうでしょう。
収益が50万円あったとしても どれだけ残る事でしょう。
20~30万円 残るかな?って程度です。

二毛作をやったとしても 収益2倍の100万円程度です。
(トマトは連作が出来ませんので、二期作は出来ません)

サラリーマンであれば、
年間 数百万円の給料をもらう事が出来ます。
それも、税金や健康保険や厚生年金など
会社の総務の方で まとめてくれますよね。

農家さんはそうはいかない。
ですから、農家さんって大変なんです。

それをですね、
出荷間際の野菜を夜のウチに持っていってしまう。
なんとも、卑劣!!

はくさいなどは、大きさも大きい為、
出荷するのも大変ですよ。

1個1個切り放して、外側の葉っぱを取って、箱入れする。
1個だってそうとう重いですよ。
1000個やったら 素人さんだったら倒れてしまいます。
(1万個なんていったら、とても1人では出来ません)

もし1000個出荷出来たとしても
 1000個×200円(1玉原価)=20万円/年間
そんなものなんです。

また、トマトは1つの枝からいくつか出来ますが、
白菜は 1つの苗(?)から1個しか出来ないのです。
ですから、植えた分以上のモノは出来ない為、
減らさない様に育てなければいけません。

豊橋市はですね、
白菜においては全国で6位なんですね。
白菜がずっと並んでいる畑をみると
本当、圧倒されますよ。素晴らしいと!
 
農家さんの 努力の賜物なんです。

白菜に限らず、どの野菜でも一緒。
農家さんが丹精込めて作った野菜です。
もちろん、生活の為に やっている事もあるでしょうが、
一番は私達 消費者においしく食べてもらいからっと
いう事が一番だと思うのです。

だから、野菜泥棒、どうかやめて欲しい。
野菜をおいしく食べられるのは農家さんあっての事。
その農家さんを泣かしてはいけません。


コンテントヘッダー

ヤバいよヤバいよぉ~

土日にかけて大寒波が襲いましたね。
土曜日は、出勤日でしたので とても大変でした。

この辺りはほとんど雪が降らない場所ですので、
ちょっとでも雪が降っただけでパニックになります。

もちろんスキーに行く人以外のクルマは
ノーマルタイヤをはいています。

ではでは
この地方の状況をお伝えしてまいりますです (*^_^*)

↓AM10:00頃の会社の駐車場です。


↓こちらは、去年雪降った時に撮った写真です。
 これをみれば、一目瞭然!
 今年は大した事無いのだな、っと思い込んでしまいました。
DSC_1040去年a

↓ハトさんも とても寒そうに 丸くなってとまっています。
DSC_3082a.jpg

さて、夜になって本格的に雪が降り始めました。


↓ヤバいよヤバいよぉ~っと言っているウチに
 路面が真っ白になります。
DSC_3084a.jpg

↓吹雪で数十メーター先が見えません。
 夜になって怖いのが、気温が下がり
 路面凍結する事です。
DSC_3085a.jpg

↓仕事場にも雪が積もり始めます。
 もうどうしようもありません。
DSC_3083a.jpg

ウチの会社は本当ブラック企業。
この様な状況でも 会社側は帰れとは言いません。
(上司連中はそそくさと 先に帰ってしまいます)
40人以上はまだ働いているのです。
先程も言いましたが、
ほとんどの人がノーマルタイヤで来ているのですよ。

私、流石に頭にきまして
残っている上司に連絡し
「遠くから来ている人だけでも帰した方が良いですよ」
「みんな会社で日を越す事になりますよ」
っと言ってあげました。

そうすると、その上司
「おお~、そうだな。言ってくれてありがとう」
ですって!!(怒)
言わなきゃ分からんのか!!
本当、無能な上司ばかりで頭にきます(怒)

私も、会社から家まで30分くらいかかりますので
土曜日は早めに帰らせて頂きました。
(っと言っても、退社時間はpm10:30頃ですがね・・・)

走行速度20~30km/hで走り 
無事家に到着致しました。
途中、大きな川が2本ありますので
その前後や坂道は本当、怖かったですね。

↓で、次の日です。(AM7:00頃の写真です)
 家のドアを開けると一面銀世界。
 雪国の方は 当たり前かも知れませんが、
 本当、この地方は雪が降らない為
 この程度でも驚き・パニックなのです。
(ちなみに静岡県西部はパラパラしか降らなかったそうです)
DSC_3086a.jpg

↓道路も真っ白。
 降り積もった雪がパウダースノーでとても綺麗です。
 本当、本日が日曜日で良かったと実感しました。
DSC_3087a.jpg

↓クルマも真っ白。
 しかし、お昼過ぎには すべて融けてしまいました。
 このくらいですんで良かったです。
 今度の金曜日辺りも 雪が降る予想が
 出ているそうなので注意が必要です。
 子供は良いでしょうが、大人にしてみれば勘弁ですね。
 (^_^;)
DSC_3088a.jpg
コンテントヘッダー

長野県北部地震

昨日、午後10時8分頃 長野県北部を中心とした大きな地震がありましたね。
震源から200km以上離れた我が家でも、若干揺れを感知しました。

昨日の夜は、ハイボール酎ハイを飲んでいましたので、
その酔いで体が揺れているのだと思いましたが、
数秒後に「地震だ!」っと分かりました。

揺れ方は、ゆっくりユラユラする感じ・・・、この感覚は東日本大震災でも感じた感覚と同じでしたので、
遠くの所で大きな地震が発生したかも知れないとスグに思いました。
案の定、テレビをNHKにすると、「長野県北部、震度6弱」!

倒壊した家屋があるとの事でしたが、今のところケガ人だけで済んでいるみたいですので、
まずは不幸中の幸いと言った所でしょうかね。

しかしいつも思うのは、私達が住んでいる東海地方というのは30年以上前から
震度7以上の「東海大地震」がいつ来てもおかしくないと言われて来た地方ですが、
その間、「阪神大震災」「新潟中越地震」「北海道南西沖地震」そして「東日本大震災」と
30年の間に、他の地方での大地震が多く発生しました。

その度に「次は東海大地震だね」なんて事を言って来ましたが、
30年も経ってくると「もしかしたら(地震)こないんじゃない?」「少しずつ歪が消えているのでは?」
なんて声もチラホラ聞こえて来る様なってしまいました。

家族の安全・幸せの為にも、
もう一度、手綱を引き締めなければいけないと感じている所です。






プロフィール

tomパパ

Author:tomパパ
40代 子育て・仕事に頑張るパパ。
ブログジャンルとしては日々の家族日記がメインですが、時事問題・世間の話題・スポーツ・アニメ等々、ジャンル問わずにブログを打ちたいと思っております。たくさんの人に見ていって頂きたいと思いますので
みなさん宜しくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR